残骨灰

残骨灰の永代供養、埋葬において

個人の尊厳や遺族感情への配慮を第一に考え永代供養、埋葬したい。

一つの思いから始まった残骨灰の永代供養支援、埋葬支援活動です。

永きにわたって亡くなられた方を荼毘に付し埋葬するという日本の文化が今日まで続いています。

しかし、近年では火葬場で出る残骨灰に含まれる有価金属を一部の自治体では換金し財源としています。

だが、ご遺族の中には複雑な感情を抱く人が少なくなく、ご遺体の一部を換金するのは不遜であり倫理上の問題を指摘する声があるのも事実です。

当社では、火葬場において発生する残骨灰から有価金属を一切取り除かずに個人の尊厳や遺族感情に十分配慮し墓地埋葬法に基づき、宗教法人松龍寺 豊津墓苑と協力し残骨灰の永代供養支援、埋葬支援を共に行っていきます。